車検の代行サービスを利用するときの注意点などの紹介

決められた通りに全ての手続きを完了させることが必須の車検では、自動車検査を受け付けている運輸支局まで持ち込む方法が最も安価です。しかし、運輸支局は官公庁の1つだから、営業時間は原則的に平日の朝から夕方までとなっています。なかなか有給休暇をとれない社会人にとっては、営業時間内に持ち込めないから諦めると早合点しがちですが、代行サービスによって業者に代わりに持ち込んでもらうことで解決します。官公庁などへ支払う費用に加えて、業者への手数料を上乗せするだけで済むので、とても便利なサービスです。利用時の注意点をよく理解した上で、他のサービスと比較してから、自分に向いている業者を選びましょう。その特徴をしっかり把握していれば、予算と要望に見合ったサービスを受けられます。

業者は自動車の所有者の代理として手続きを行う

自動車にあまり詳しくないと、どこに依頼しても同じに見えますが、実は代わりに持ち込む方法と、それ以外には大きな差があります。自動車に関係した税金や自賠責保険の支払いは、法律で定められた部分だからどこでも同一の金額です。けれども、代理で運輸支局の検査場に持ち込むサービスでは、文字通り、預かった自動車を持ち込んで、運輸支局の窓口で必要な手続きを行い、各種検査を受けるだけになります。整備点検は基本的に行わないため、業者に預ける前に自分で点検をしていない場合は、一部の検査で引っかかる可能性もあるので注意しましょう。自分で日頃から日常点検を行っていれば、ほぼ通る検査内容ではあるものの、どこかに故障しやすい箇所を抱えている年式が古い自動車などは、代行サービスよりも整備点検がついたフルサービスの方が向いています。

信頼できる業者を選ぶことが検査合格への近道

車検の代行サービスは、所有者から委託を受けた代理人として持ち込むだけだから、自動車に詳しくない業者でも可能です。そのため、通常のディーラーや町工場に任せる方法に比べて、業者の信頼性を入念にチェックしておくことが重要になっています。現在ではインターネット上で検索しただけで選ぶ傾向にありますが、ホームページに記載されている業者の事業拠点、代表者名と連絡先、それに利用者からの口コミでトラブルの有無も調べておくことをお勧めします。自動車業界とあまり関係がない優良業者もいますが、自分で業者のお店まで持ち込んで、完了したら自分でお店から引き取るのが一般的だから、なるべく自宅から近い方が便利です。日本全国どこにでも通いやすい場所にあって、いざという時にも連絡がつく業者としては、車検の専門業者による代行サービスも選択肢に入ります。