まずは車検の代行サービスとはどんなことかを簡単に説明

日本で車を走らせるためには、数年間に1回の車検を通さなければいけません。法律で義務づけられている安全検査だから、きちんと検査を通った証である検査標章を所定の位置に貼っていない車は、罰則の対象になってしまうので注意しましょう。忙しい社会人にとっては面倒な手続きですが、代行サービスを利用することで、自分自身で指定された場所まで出向く手間をなくせます。格安の料金で任せられるとあって人気があるサービスですが、具体的に何をしてくれるのかを理解してから申し込むべきです。自分にとって相性が良いサービスを選ぶために、チェックしておきたい重要なポイントも併せて覚えておきましょう。優良なサービスを提供している業者を選べば、より快適に必要な手続きが完了します。

ユーザー本人による持ち込み検査の代行

車の所有者に義務づけられている車検は、予約さえ済ませれば、日本全国のどの陸運局の検査場でも任意に受けられます。この検査場では、書類と車両の一致の確認と、安全に道路を走行するためのライト類のチェックなどが、検査官の立会いの下で手際良く行われています。法令上の点検項目だけで、難易度としてはそれほど高くありませんが、その陸運局の窓口で税金や検査料といった各種手数料を収入印紙などで支払う手間があり、いくつかの窓口を順番に回るのに大変時間がかかるのが難点です。代行サービスによって、面倒な書類手続きから車の持ち込みまで全て任せましょう。平日の朝から半日がかりでお役所の窓口巡りをするよりも、多少の手数料を支払って、業者に代わりにやってもらう方がスマートです。専門業者ではサービスで代車を貸し出してくれるので、普通に日常生活を送りながら安全検査を通せます。

自分にとって一番便利な業者を選ぼう

便利な車検の代行サービスですが、どの業者を選ぶのかが問題になります。専門業者には手厚いサービスがあり、すでに期限切れになっている車でも、引き取りによって手続きを進められます。対応の早さと料金を重視している方は、まず評判が良い専門業者を検討してみましょう。整備工場が併設されているカーショップやガソリンスタンドも頼みやすい業者で、クレジットカードでポイントをためている方にとっては、よりお得になる方法です。特に、カーショップでは必要に応じて整備点検も受けられるので、車検として最低限の水準にするだけではなく、消耗品の交換や調整も行ってもらえます。検査場でチェックしているのは明らかに異常がある車両を見つけるためだから、問題なく運転ができるだけの整備点検については別途しておいた方が安全です。

新車初回車検の「はじめてくん」は基本料と検査と事務手数料合わせて1万円。 もれなく貰える女性限定キャンペーン。 整備士が消耗品の状態を確認し、適切な整備計画をお客様と一緒に立案します。不要な部品交換はしません。 インターネット予約キャンペーン。 ホリデーの立会い車検システムは21年目を迎える、永く信頼頂いているサービスです。 車検の代行はホリデー車検